解剖学的開口部を密閉するシステム及び方法

Abstract

埋込型治療装置及び動脈瘤頚部における開口部等のターゲット部位において装置を血管内留置するための方法が開示される。本技術の選択された実施形態は閉鎖部を有し、係る閉鎖部が動脈瘤頚部を少なくとも部分的に閉塞すると、動脈瘤の塞栓治療又は凝固治療が安定化される。1つの実施形態において、例えば、動脈瘤閉鎖装置は閉鎖構造及び補助スタビライザを備える。閉鎖構造は、横軸に沿って延長する分岐血管の側部分岐等の第1血管に沿って延長するよう構成された湾曲部分を有し得る。補助スタビライザは、第1血管の横方向軸に対して交差する縦軸に沿って閉鎖構造から延長する。補助スタビライザは、親血管等の、第1血管と交差するように延長する第2血管に対して外向きの力を印加するよう構成される。

Claims

Description

Topics

    Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

    Patent Citations (6)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle
      JP-2001286478-AOctober 16, 2001Cordis Neurovascular Inc, コーディス・ニューロバスキュラー・インコーポレイテッド血管内に挿入される動脈瘤の塞栓形成装置
      JP-2003521331-AJuly 15, 2003クック インコーポレイティド弁及び移植可能な脈管弁
      JP-2008513141-AMay 01, 2008コーディス・ニューロバスキュラー・インコーポレイテッドCordis Neurovascular, Inc.動脈瘤または血管を施栓する薄膜金属器具
      US-2004111112-A1June 10, 2004Hoffmann Gerard VonMethod and apparatus for retaining embolic material
      WO-2008151204-A1December 11, 2008Sequent Medical Inc.Procédés et dispositifs pour le traitement de défauts vasculaires

    NO-Patent Citations (0)

      Title

    Cited By (2)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle
      JP-2014523284-ASeptember 11, 2014パルサー バスキュラー インコーポレイテッド衝撃吸収動脈瘤装置を含んだ、解剖学的開口部を包囲するためのシステムと方法
      JP-2014523285-ASeptember 11, 2014パルサー バスキュラー インコーポレイテッド追加の係留機構をもった動脈瘤装置、および関連付けられたシステムと方法